日々の食生活丸見えです^^


by yaya_22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

Profile
Diary(暮し)
Kitchen(お食事)
Lunch Box(お弁当)
Dogs(Sora Mame)
Lodgers(同居人)
Touring(バイク)
Cinema(映画・ドラマ)
Natural beauty(自然)
Reminisce(思い出)
Heart(想い)
Novel story(作り話)

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
OKANの素
ブログ スローライフで歩こう
自分遺産
えいじのフォト徒然日記
Anna's lovel...
迷わず並べよ 食べればわ...
ミステリな日常
バイクと温泉ソムリエのむらさん
BIBLIOPHILE
サボテンライダーのNEWブログ
思い出のライダーズ・ハイ
ふたりのじかん。
王様の耳はロバの耳
olive-olive
Sono sempre ...
Azumi'sDiary
Slo-Mo Life ...
モーターサイクルとオープ...
バイクで行く旅。
花  PIT-INN
60年後のロミオとジュリエット
犬と暮らす日々・・・ときどき猫
Slo-Mo Life ...
ツジメシ。プロダクトデザ...
バイクで行く旅。2
~毎日がおさしん日和~ ...

最新のトラックバック

韓国旅行の魅力
from 韓国旅行の魅力
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
コチュジャンの誘惑 鉄..
from 60年後のロミオとジュリエット
地中海 パエリア
from 60年後のロミオとジュリエット
ドカ盛り ビビンハ..
from 60年後のロミオとジュリエット

ブログパーツ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

校庭




f0090964_20525522.jpg


遊具


タイヤ遊び
ブランコ
鉄棒
うんてい
のぼり棒



そして・・・



f0090964_2131986.jpg





運動場








片隅に 「百葉箱」




測定委員だった。

何でなのかなあ~(笑)
何故か自分から手を挙げた記憶がある。






1.百葉箱の格子窓は、風通しをよくするため。
(確かに斜めのいくつもの風通しがついてた)
2.白い色は、太陽の熱を取り込まないようにするため。
(反射のためだったのね)
3芝生の上に設置するのも、地面に熱が逃げるようにするため。
(直付けよりいいに決ってる)
4.測定時に、太陽光が直接入らないように、扉のある面を北向きに設置。
(計るときは 両開きの窓を開けるから・・・)
5.測定位置の規定から、1.2mから1.5mの高さと決められてる。
(・・・・ふ~ん・・・)





どうしてその時 手を挙げてしまったのかは・・・忘れてしまいました(笑)

ただ 気温・湿度を測る作業が 毎日決った時間に繰返される・・
(そうしなきゃ いけなかったのです・・・測定委員は(笑))
休み時間も削られたし・・・放課後もどんなに楽しい遊びの途中でも
職員室まで ノートを取りに行って 記録しました。
だけど 嫌じゃ無かったんですよね。
だからって 興味があった訳でもなく・・・
何だったんでしょうね?(笑)
(犬の散歩 の様な感覚だったのかも知れません)



今になってその頃の「感情」を思い起しても 分らない(思い出せない)事って有ります。

何でかな?って考えたとき。
今になってやっと 考えがまとまったような気がしています。

「人の記憶」って きっと「保存容量」が決っている。
そんなことを思います。
勿論 その人その人(個々)によって 容量の差はあるのでしょうが・・・
勿論 何年経っても忘れない「想い出」(記憶)はありますが・・・
頭の「ひきだし」からこぼれ落ちる記憶。 
それはまるでゆっくりと「ところてん」を押出すように・・・

一つ一つ記憶の中から 消える想いは きっと、神様が「忘れていいよ・・」
そう言って笑みを頂き 「ホッ」として何ミリかの 記憶を押出す。

そんな風な積重ねが 「歳を重ねる」という事なのじゃ無いかな?


な~んて(笑) そんな風に思うのです。



だからわたしは 「残したい」 と思うのかも知れません。


忘れない 忘れたくない 「心」を 綴っているのかも知れません。









いつでも「百葉箱」の測定をしたように
両開きドアを開ければ 忘れないで居られるでしょう・・・(笑)
[PR]
by yaya_22 | 2006-05-19 21:48 | Reminisce(思い出)