日々の食生活丸見えです^^


by yaya_22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

Profile
Diary(暮し)
Kitchen(お食事)
Lunch Box(お弁当)
Dogs(Sora Mame)
Lodgers(同居人)
Touring(バイク)
Cinema(映画・ドラマ)
Natural beauty(自然)
Reminisce(思い出)
Heart(想い)
Novel story(作り話)

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
OKANの素
ブログ スローライフで歩こう
自分遺産
えいじのフォト徒然日記
Anna's lovel...
迷わず並べよ 食べればわ...
ミステリな日常
バイクと温泉ソムリエのむらさん
BIBLIOPHILE
サボテンライダーのNEWブログ
思い出のライダーズ・ハイ
ふたりのじかん。
王様の耳はロバの耳
olive-olive
Sono sempre ...
Azumi'sDiary
Slo-Mo Life ...
モーターサイクルとオープ...
バイクで行く旅。
花  PIT-INN
60年後のロミオとジュリエット
犬と暮らす日々・・・ときどき猫
Slo-Mo Life ...
ツジメシ。プロダクトデザ...
バイクで行く旅。2
~毎日がおさしん日和~ ...

最新のトラックバック

韓国旅行の魅力
from 韓国旅行の魅力
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
コチュジャンの誘惑 鉄..
from 60年後のロミオとジュリエット
地中海 パエリア
from 60年後のロミオとジュリエット
ドカ盛り ビビンハ..
from 60年後のロミオとジュリエット

ブログパーツ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マリと子犬の物語

f0090964_10415889.jpg

公式サイト

f0090964_10425675.jpg

観たかった映画です。
公開されてからTV画面に船越さんが番宣で「マリ(いち)」を連れて出られておられるのを
よく拝見しますが、私が知ったのは、別の映画を観にいった時
劇場で本編が始る前のCFを見てからの事で、
「あ~~絶対コレ見に来よう!」って。^^
我家の愛犬maaが柴犬って事もあったのか、・・・いえ、ただの犬好きって事でしょうか?。
チラッとCFで見たマリの仕草や姿が maaと重なって見えてしまっていて、
・・・とにかく公開を楽しみにしていました。
年末年始迎えてまだまだ沢山観たい映画はあるのですが、
取りあえずこの日は「マリ・・・」

Storyも、展開もすべて分っていて(読めて)こんなに感動した作品は初めてです。
しかも、劇場鑑賞中声を出して(ちょっと出た)泣いたのも初めてです。
とにかく、私も同行者もボロボロでした。(因みに周りの皆さんも・・・)
そして映画「マリと子犬の物語」支援連絡会レポート
今このサイトを拝見し改めて別の感動が私を襲っています。
お話の内容はもう有名な話なので、今更・・・ですが、
2004年に起きた新潟県中越地震で本当にあった話を映画化したもので
周囲と寸断され、孤立した旧山古志村に取り残されたマリと、
地震当日にマリが産んだ3匹の子犬たちの感動的な物語。

と、簡単に、ご説明。

なんでこんなに分かりきったお話に感動して涙したのか・・?って
それはもう言うまでも無い、
f0090964_10493682.jpg

この子! 佐々木麻緒ちゃん
彼女の演技はもう
圧巻です。
素晴らしかった!
この写真はちょっと
イメージ違いますが
・・・そうです!、そう!






f0090964_10495629.jpg

「蛍の墓」実写版で節子役をやってた女の子です。(節子の時)

もちろんお話に何も感動しなかったって訳じゃありませんが
多分彼女の演技じゃなかったら あんなに涙する事はなかったかも知れません。

劇場の中も この前HEROを観に行ったとき以来の盛況ぶりで、
沢山の人が(お子様連れの方が多かったです)観に来ておられました。
そして殆どの方が泣いておられました。(私も同行者も含め・・・w)
(個人的に私の右隣に居られた方に、
「泣くんか食べるんかどっちかにしてほすぃーなあ~」なんて思いましたが・・・(笑))
ま、そういうことも気にならないほどに 泣かせていただきました。
実際に旧山古志村は動物との繋がりが強い村であり、
闘牛や錦鯉の産地として有名だったのですが、
この地震によって動物達も多大な被害を受けたそうです。
恐ろしい余震が続く中、
村に取り残された動物達の恐怖は計り知れないものだったでしょう。
「この地震の恐ろしさを風化させてはいけない」という山古志村全村民の願いで作られたこの映画は家族愛、動物愛、兄弟愛、人間愛、、
すべてを勉強させていただける映画でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


例えば劇場で泣いてしまう事を 「くぅ~やられたー・・」って言うのなら
私は麻緒ちゃんに完敗でした(笑)
もちろんmaaにそっくりの柴犬の「マリ(いち)」にもやられてしまいましたが・・・。

反則技に自らハマっていったも同然ですから、
やられたも何も無いんだけどね。・・・(動物と子供は反則です(笑))


・・・だけど、
映画館で思いっきり泣ける自分も、結構お気に入りかも知れません^^。
[PR]
by yaya_22 | 2007-12-10 13:17 | Cinema(映画・ドラマ)