日々の食生活丸見えです^^


by yaya_22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

Profile
Diary(暮し)
Kitchen(お食事)
Lunch Box(お弁当)
Dogs(Sora Mame)
Lodgers(同居人)
Touring(バイク)
Cinema(映画・ドラマ)
Natural beauty(自然)
Reminisce(思い出)
Heart(想い)
Novel story(作り話)

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
OKANの素
ブログ スローライフで歩こう
自分遺産
えいじのフォト徒然日記
Anna's lovel...
迷わず並べよ 食べればわ...
ミステリな日常
バイクと温泉ソムリエのむらさん
BIBLIOPHILE
サボテンライダーのNEWブログ
思い出のライダーズ・ハイ
ふたりのじかん。
王様の耳はロバの耳
olive-olive
Sono sempre ...
Azumi'sDiary
Slo-Mo Life ...
モーターサイクルとオープ...
バイクで行く旅。
花  PIT-INN
60年後のロミオとジュリエット
犬と暮らす日々・・・ときどき猫
Slo-Mo Life ...
ツジメシ。プロダクトデザ...
バイクで行く旅。2
~毎日がおさしん日和~ ...

最新のトラックバック

韓国旅行の魅力
from 韓国旅行の魅力
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
コチュジャンの誘惑 鉄..
from 60年後のロミオとジュリエット
地中海 パエリア
from 60年後のロミオとジュリエット
ドカ盛り ビビンハ..
from 60年後のロミオとジュリエット

ブログパーツ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ミラクル 7号

17.061.gif ミラクル7号
f0090964_11411637.jpg

STORY:
小学生のディッキー(シュー・チャオ)と工事現場で働く父・ティー(チャウ・シンチー)は、いまどき珍しいほどの超貧乏親子。父親であるティーは、最高の教育を受けさせたいという思いから息子を名門校に通わせるため、必死で働いていた。一方ディッキーは、同級生からイジメられる毎日。そんなある日、ティーはゴミ捨て場から謎の物体を拾い持ち帰る。まるでゴムボールのような物体だが、ふとした拍子にスイッチが入り、四本足の謎の生物に変身! ディッキーはその物体を“7(ナナ)ちゃん”と名づけ、かわいがっていた。この出会いで、自分の学校生活はバラ色に(?)なるはずだったディッキーだが、この物体を巡って学校で大恥をかいてしまう…。いまの生活を変えてくれると期待していたディッキーだが、“使えねー”ナナちゃんに苛立ち始める。そんな矢先、ティーが仕事先で悲惨な大事故に巻き込まれてしまう。そんなナナちゃんが、ミラクルな奇跡を起こすのか!? 『少林サッカー』、『カンフーハッスル』のチャウ・シンチーが監督・主演を務める。

f0090964_11454243.jpg

ま~可愛いこと可愛いこと^^
この日の映画は、とても素敵でかわいい、ファンタジー♪w  
劇場には親子連れの方が沢山居られました。
(大人同士では珍しかったかも知れないです(笑))
だけど、私は時々こーいった映画、観たくなるのであります。


ちょっと、おバカでSFなめたような・・・そんな映画^^。SUBTITLEに「で?」ってのがあります。少し気になりながら観たのですが、なるほど「で?」って感じでENDを迎えました。
(あ~決してつまらないとかそういう意味じゃないですよ!)
前作「カンフーハッスル」観てるから、監督、主演 チャウ・シンチーだという事も含めて、納得の「で?」でした。
お決りのギャグと、(「・・・ハッスル」も思い出させるような場面も^^・・・。)感動もありの、そしてラスト柔らかくオトシテくれるところ等は、何気にとても好きです。(笑)
ストーリーはHPをご覧になればネタバレ有りで殆どよめますが、この映画 おバカで、なめた映画ってだけじゃ無く、純粋に「愛」を描いた作品でありました。
動物モノ、子供モノ、と言う作品にはめっきり弱い私であります。今回それが解って観に行ったワケじゃないので(マリの時とは違って) 
素直にやられました=泣いたって事です。(←相変らず涙もろいです。(笑))

やっぱりこの作品でも、ここに出てくる、子役 ディッキー(シュー・チャオ)ちゃんがとても素敵なのです、、、私が感じる限りこの子が主演の作品だなってそんな風に思いました。
そう、四本足の謎の生物 7(ナナ)ちゃんでもなく、父 ティー(チャウ・シンチー)でもなく!。
もちろん、この謎の生物もすっごくカワイイです(←ぬいぐるみ、欲しいって思うし・・・(笑))
作品の中では完璧にチャウ・シンチーをくってしまってましたから、名演技です!
屈託ない純真な性格に,過ちに気付く良心を持ち合わせた良い子。
泣きの演技に思いっきりもらい泣き。「僕疲れた」の言葉に号泣・・・。
でも、結局この父役の チャウ・シンチーの作品ですものね^^。 
楽しく笑えて、感動させてもらって、ちょっと最後におとされる?いい映画でした。049.gif

f0090964_13351375.jpg


色々見てて知ったのですが、
何でもこの「ディッキー」役の(シュー・チャオ)ちゃんは、実は女の子だそうです・・・^^

作品中は、どっから見ても 男の子にしか見えません。
それだけ演技がうまい!って事ですね。

しかも、その演技に惚れ込んだチャウ・シンチーは
シューちゃんと本当に養子縁組をしたんだとか・・・。


   画像:西冬彦さんのブログより






ランキング参加しています。
拙い文章ですが、よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ありがとうございました。040.gif

[PR]
by yaya_22 | 2008-06-30 11:59 | Cinema(映画・ドラマ)