日々の食生活丸見えです^^


by yaya_22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

Profile
Diary(暮し)
Kitchen(お食事)
Lunch Box(お弁当)
Dogs(Sora Mame)
Lodgers(同居人)
Touring(バイク)
Cinema(映画・ドラマ)
Natural beauty(自然)
Reminisce(思い出)
Heart(想い)
Novel story(作り話)

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
OKANの素
ブログ スローライフで歩こう
自分遺産
えいじのフォト徒然日記
Anna's lovel...
迷わず並べよ 食べればわ...
ミステリな日常
バイクと温泉ソムリエのむらさん
BIBLIOPHILE
サボテンライダーのNEWブログ
思い出のライダーズ・ハイ
ふたりのじかん。
王様の耳はロバの耳
olive-olive
Sono sempre ...
Azumi'sDiary
Slo-Mo Life ...
モーターサイクルとオープ...
バイクで行く旅。
花  PIT-INN
60年後のロミオとジュリエット
犬と暮らす日々・・・ときどき猫
Slo-Mo Life ...
ツジメシ。プロダクトデザ...
バイクで行く旅。2
~毎日がおさしん日和~ ...

最新のトラックバック

韓国旅行の魅力
from 韓国旅行の魅力
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
コチュジャンの誘惑 鉄..
from 60年後のロミオとジュリエット
地中海 パエリア
from 60年後のロミオとジュリエット
ドカ盛り ビビンハ..
from 60年後のロミオとジュリエット

ブログパーツ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤ(苦瓜)を頂きました。
(この辺でも作っておられる方があるみたい・・・・沖縄だけじゃ~ないのねw)

「ゴーヤチャンプルー」=過去1回しか作ったことがないです。しかももう随分前です。だから、殆ど 作り方忘れてます。
お店に食べに行って 一口二口食べたことはあるのですが、「うっわ~おいっしぃ~♪」と言うような記憶はなくて、「そっか~・・・確かに 苦いね」ってそんな感じで、あえて作って食べよう!とは思ってはいなくて・・・(笑)
タイミングって言うんでしょうか? 先日TV(二人の食卓、ありがとうのレシピ)で 若林豪さんが、東ちづるさんに
「ゴーヤチャンプルー」を作ってました。「お・・・・・作ってみたいなあ~」なんて思って観ていた矢先に頂き物のゴーヤ^^ 
これは、作らなくては・・・・・・・・・・・・・・・・。(笑)


1.ゴーヤは縦半分に切り、種の部分をとりのぞく。薄切りにし、塩小さじ1/2を全体にまぶす。島豆腐は一口大に切る。豚ばら肉は一口大に切る。にらは4cm長さに切る。パプリカは一口大に切る。
2.
フライパンに胡麻油を入れ、豆腐を加える。豆腐が色づくまで煎り焼く。豆腐をとりだす。(IH5)
3.
フライパンに豚ばら肉を入れ、色づくまで煎り焼く。(IH5)
4.
3.にパプリカ、ゴーヤ、にらを加えて炒める。泡盛を入れて香りをつける。
5.
豆腐を加え、合わせだしを入れて少し煮込む。
6.
溶きほぐした卵を入れて半熟に仕上げる。
7.
器に盛り、削りがつおをふりかける。

(4人分)
ゴーヤ 1本
塩 小さじ1/2
島豆腐 1丁
豚ばら肉(スライス) 150g
にら 1/2束
パプリカ(赤) 1個
卵 4個
胡麻油 15cc
泡盛 15cc
合わせだし そうめんのつけだしの残り 削りがつお 適量



「ふ~~~む、、、、鰹だしかあ~・・・・なるほどねえ~」
折角作るのだから、満足して終りたいので、、、NETでも検索してみる。

「陳健一風 ニガウリ(ゴーヤ)チャンプルー」ってページに辿り着く。
「よっし!・・・中華風で行ってみましょ」
って事で この陳健一さんのレシピを参考に 準備を始めました。

f0090964_9571554.jpgf0090964_1003869.jpg

★ 縦半分に切ったゴーヤのタネ(ワタ)をスプーンでかき出す。
(白いワタの部分を結構しっかり取除きます)
★ 厚さ5㎜程度に切る。

f0090964_1051685.jpg




f0090964_1065632.jpg

★ 結構多めの塩をして、揉み込む。
★ しばらく放置。

f0090964_10102331.jpg











ゴーヤ放置の間 材料を切る。

ココで入ったパプリカは、若林さんレシピが使っていたのを真似ました。
ニラも使っておられましたが、ニラは・・・

温めなおして食べる事の多い私の食環境には・・・向いてないかな~って思って、、、やめた。

陳さんレシピには、長ネギそして、きくらげ、人参と彩りが鮮やかです。
その中で私は、長ネギを使いました。

f0090964_10403222.jpgf0090964_10411441.jpg

豚肉の下味 陳さんレシピを主に参考に・・・・・。
◎豚肉の下味用
  塩 適量
  こしょう 適量
  酒 大さじ1
  溶き卵 大さじ1
  片栗粉 大さじ1
  サラダ油 小さじ1

f0090964_10461690.jpg






ゴーヤの処理をする前から、
木綿豆腐の水切りをしてました。

島豆腐って・・・・手に入りにくいですが、
木綿豆腐でOKって事だから・・・(笑)

実はお豆腐は絹ごしが好きなのですが、
(麻婆豆腐も絹ごし豆腐で作ってます)
今回はしっかり豆腐!(木綿)使いました。

f0090964_10582268.jpg

まずは、溶き卵で軟らかめのスクランブルエッグ。
(卵をふんわり焼き上げるポイントは、サラダ油の量。卵2個に対してサラダ油大さじ2の割合を覚えておきましょう。)
な~んて書いてありました。
確かに、油の量は少し多めだな?って感じるぐらいのほうがふんわり仕上がりますね^^
焼けたら、お皿に移して今度は豚肉です。
卵を焼いたフライパンに殆ど油は引かずに(油少しだけ) 豚肉投入!
一枚ずつはがして(片栗粉で少しくっついてます)焼きます。
この豚肉も、ふわふわ軟らかく仕上がっているのは、やっぱり片栗粉を入れてるからでしょうか・・・?
すごく軟らかく焼けました。
コレもお皿に移して出番を待ってもらいます。


さて、次は豚肉の油の残ったフライパンで、(ってかフライパン1回も洗わないで済ませようとしている・・・・・(笑)) 長ネギと生姜を入れて炒めます。
何気に香りが出てきたな~って思ったら、ゴーヤ、パプリカを入れます。そして、さっきの豚肉と卵にも入ってもらって・・・炒め合せます。
ココで! 豆板醤。全体に混ざったら、最後に木綿豆腐を入れます。
(混ぜ合わせるときは、フライパンの底から具材をすくうようにヘラを動かし、豆腐がなるべく崩れないように注意しましょう。)
そんな風に書いてありました~。 (その通りに そ~っとやってたら少し焦げた・・・・。)
最後あわせ調味料を回しいれて全体に少しトロミがついたら でっきあがり~♪
◎合わせ調味料
  砂糖 小さじ1弱
  こしょう 適量
  酒 大さじ1
  しょう油 大さじ1と1/2
  中華だし 適量
  水溶き片栗粉(水と片栗粉は同じ分量で)

私は、ここでお醤油の変わりに、めんつゆを入れました(市販のもの)
f0090964_11261961.jpg

若林さんレシピと、陳さんレシピの大きな違いは、豚肉の処理と、炒める順番、そして「和風」「中華風」・・・ってお味の違い。さ~てどうしよう?って少し悩んで・・・・・・・
ま、結局、陳さんレシピに若林さんレシピを少し取り混ぜたような?そんな感じになりました。
(パプリカと和風だしがどうも 捨てきれなかったです・・・(笑))
f0090964_11264655.jpg


やっぱり、ゴーヤ(苦瓜)ですから 少し苦いです、、、だけどいやな苦さじゃないです・・・
ゴーヤのワタをしっかりとって よぉ~く塩もみしておくと、
苦味は少し抑えられるのかも知れないですね^^
(ってか!苦瓜だし・・・・苦いからいいってことですか・・・?)

今度このレシピで、ゴーヤをインゲン豆に変えて作ってみたいと思ってます。
[PR]
by yaya_22 | 2008-07-03 01:12 | Kitchen(お食事)