日々の食生活丸見えです^^


by yaya_22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

Profile
Diary(暮し)
Kitchen(お食事)
Lunch Box(お弁当)
Dogs(Sora Mame)
Lodgers(同居人)
Touring(バイク)
Cinema(映画・ドラマ)
Natural beauty(自然)
Reminisce(思い出)
Heart(想い)
Novel story(作り話)

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
OKANの素
ブログ スローライフで歩こう
自分遺産
えいじのフォト徒然日記
Anna's lovel...
迷わず並べよ 食べればわ...
ミステリな日常
バイクと温泉ソムリエのむらさん
BIBLIOPHILE
サボテンライダーのNEWブログ
思い出のライダーズ・ハイ
ふたりのじかん。
王様の耳はロバの耳
olive-olive
Sono sempre ...
Azumi'sDiary
Slo-Mo Life ...
モーターサイクルとオープ...
バイクで行く旅。
花  PIT-INN
60年後のロミオとジュリエット
犬と暮らす日々・・・ときどき猫
Slo-Mo Life ...
ツジメシ。プロダクトデザ...
バイクで行く旅。2
~毎日がおさしん日和~ ...

最新のトラックバック

韓国旅行の魅力
from 韓国旅行の魅力
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
コチュジャンの誘惑 鉄..
from 60年後のロミオとジュリエット
地中海 パエリア
from 60年後のロミオとジュリエット
ドカ盛り ビビンハ..
from 60年後のロミオとジュリエット

ブログパーツ

タグ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:Novel story(作り話)( 3 )

教子


カチャ、カチャ、コトッ・・・
撮影用のお弁当が仕上がった。
‟・・・これでよし。・・・おいしそうに見えるわ・・・・・”
独り言をつぶやくと 数枚、角度を変えながらデジカメのシャッターを切る。
時計を見ると、夜中の1時をすぎていた。
‟これを撮り終えたら、休みましょ・・・”
寝室に入ると夫が本を読んでいた。
「あなた、少しマッサージお願いできる?」
「・・ん、ああ。」
数年前、浮気を許してから 夫は優しい。
‟これぐらい当然よね”
「明日、ゴミお願いしますね」
「・・ああ、 ・・・・どうだ?」
腰の辺りにあった夫の手に力が入る。
「・・痛い。」
「すまん」


                                     ・・・ってか  許してないだろ!







教子 高校3年

桜咲くポカポカ陽気の春の日の放課後の校庭。
数メートル先を裕子が歩いていた。
その先にある学校前のバス停に向かっている様子だったが、とても楽しそうに話をしている。
裕子のあのアッケラカンとした明るさはあまり好きじゃない。
“なんだか下品”
そう心でつぶやき、裕子の後姿を目で追いながら、迎えの車を待っていた。

教子の家はエリート一家で、教師であった祖父と祖母、商社に勤める父、大学生の兄、
そして、今は専業主婦の母もまた教師をしていた。
物心ついたときからセレブな人たちに囲まれて、裕福な家庭に育ち、
そしてそれが当たり前のお嬢様である。その家の初めての女の子として生まれた教子は、
お人形のようなパッチリした目にスッと鼻筋が通り、整った顔立ちの美人系である。
周りの人間からいつも可愛がられて、大人受けのするとても良い子だった。
教子自身も、どうすれば褒められるのかいう事をしっかり理解している賢い子で、
例えば欲しいおもちゃがあれば、おねだりする前に、おもちゃは殆ど手元にあったし、
どうすれば、おねだりしないでも手に入れられるかという事をちゃんと知っていた。

バスが到着して出発するまでを裕子越しに眺めていた。
“昔から裕子のことは嫌い・・・”
あの日からずっと裕子のことは苦手である。
学校でも家でも、意見されることの少なかった教子が、初めてみんなの前で注意をされた日。
その日以来、裕子の姿を見るのが嫌で、避けるようになった。
悪意があったわけではないことも、自分が少しわがままだった事も本当は分っていた。ただ、人前で意見されることがそれまでに無かった為、教子には屈辱的な出来事だった。
教子が避けるようになって何日かすると、教室に一人ぼっちの裕子をよく見かけるようになった。
寂しそうだったし、なんだか可哀相だった。だけど裕子は誰かに泣きついた様子も無かったし、何も変わらず、変わった事といえば、いつも一人で教室に居るようになったという事だけだった。そんな裕子を見ながら歯がゆさを感じる自分が居た。裏腹に、段々と裕子への苦手意識が強くなり、それまで以上に裕子を避けるようになった。
“だけど、私は誰かに強いたわけじゃない。ただ自分が苦手だっただけ・・・”
今更、あのときの事を思い出して、自分に言い聞かせるように呟く。
中学に上がってからの裕子はまるで水を得た魚のように明るく元気だった。見かけるといつも沢山の友達に囲まれて本当に楽しそうだった。そしてますます、裕子のことが苦手になっていった。そんな時今日子と同じクラスになったのだった。
“もう、そんな昔の事はどうでもいい・・・”
吐き捨てるように呟いて 駐輪場横のベンチにカバンを置いた。
裕子の乗ったバスが駅前を通過する頃、フッと気が付くと、迎えの車が到着していた。

「ありがとう、今日はどこに連れて行ってくれるの?」
「どこか行きたい所ないの?」
「そうね・・・今日はHOTEL行きましょ」
「ああ、いいよ。 家に 今日は遅くなるって連絡しておきな。」
「ええ、わかったわ。もう少し走ったら電話する。」

そして、運転する彼の腿にそっと左手を置いた。



[PR]
by yaya_22 | 2008-04-11 12:00 | Novel story(作り話)

今日子


洗い髪をとかしながら 話しかける。
‟今日も遅いね・・・”
鏡の向こうに、整えたままのBEDを見つめる。
‟今日も帰らないの・・・?”
鏡の中に視線を落として ため息。
‟・・・ふっ・・・”
もう、前ほど心乱れる事が無くなっていることに気付いた。
‟そう、もういい・・・・・・・・・寝よう・・・・”
帰らない人を待つのは、もう随分前にやめにしていた。


                               
 
                             ・・・・・・・・・やめたのかよ!







今日子 中学2年初夏

「今日子、トイレ行こう。」
振り向くと視線の先に中学2年にしては少し大人びた教子が笑って手招きしている。
一瞬、訝しげに顔を曇らせる今日子だが、小さくため息をついてから少し笑って
教子の方へと小走りに向かった。
この春から教子と同じクラスになっていた。
あの日以来、教子にイイヨウニ扱われている事を今日子は知っている。
小さな頃からあまり自分の気持ちを表に出した事がない。
気が小さい上に、人の意見が気になりすぎる自分に時々嫌気がさしていたが
それでも、そうしていれば、小さないざこざにさえも巻き込まれないでいられることを今日子は知っていた。いつでも、どこでも、我慢はつきものだとずっと思ってきた。
‟トイレぐらい一人で行ってよ!”
なんて決して言わない・・・。言ってはいけないのだ。

「キョーコ 今日の放課後付き合って欲しいんだけど・・・・」
「・・・・・・・・・」
最近即答しない今日子に少し歯がゆさを覚えていた教子が口調を強めてまた言った。
「だめ?」
教子もまた、相変わらずのわがままお姫様のままである。
「ううん・・・駄目じゃないけど・・・な~に?」
「うん、ちょっとさ・・・聞いて来て欲しい事があってさ~」
教子は少し含み笑いをして 今日子の顔を覗き込んだ。
「誰に?・・・・なにを・・・?」
今度は少し頬を赤らめて教子が言った。
「うん、・・・放課後にね・・・話す・・・」
「う・・ん。わかった・・・」
自分の席に戻って午後の授業の教科書の準備をしていると視線を感じた。
教子が少し微笑んで自分の顔を見ていた。
‟・・・・見るなよ・・・” 
そんな事・・・決して言わない。
その時、少し嫌な胸騒ぎがしたのだけれど 笑顔でうなずいた。

それぞれ部活や帰宅で教室の中には、窓際の今日子達と
廊下側の前の席に3人の男子がいるだけになった。
教子が小声で言う、、、
「私ね、とても気になる人がいてね・・・」
‟・・・どうか彰じゃ・・・ありませんように・・・・”
昼間の胸騒ぎのせいなのか、何故か神様に祈った。
「ふ~ん・・・いいじゃん!・・・誰?」
平静を装って聞いてみる。
「うん、、、中野君なんだけどさ・・・」
教子が微笑みながら顔を真っ赤にしていた。
ドキドキしていた・・・丁度お腹の上の辺りを何かに押さえつけられたようなそんなドキドキだった。
決してそれは、片思いの胸の高鳴るような鼓動ではなかった。

今日子にも、最近とても気になる存在の男子がいたそれは、中野彰である。
彰と今日子の家は数十メートルほどしか離れていない。
いわば彰は幼馴染のような存在の男の子だった。
子供の頃から公園で遊び、母親同士も仲がよく、買い物も、小旅行も
よく一緒に出かけた。親戚のようで、兄妹のようで、いつも一緒だった。
その幼馴染の彰のことを最近、異性として意識し始めていたのである。
‟・・・・・・・被った・・・”
「今日子は家が近いじゃない・・・中野君が私のことどう思ってるんだか聞いて欲しいの。」
‟・・・やだ・・・そんなの自分で聞けよ!”
そんな事、言えない。
「うん、近いけど・・・・・・でも、 中野君とは最近話さないから・・・」
やんわり断ってみるが、そんな事が通用するような教子じゃないのは分っていた。
「多分ね、中野君ってさ 私のことが好きだと思うんだ。」
「・・そうなんだ・・・じゃあさ、 教子自分で聞きなよ」
「ううん。」
大きく首を横に振る教子は続けてこう言った。
「だって 男子から言って欲しいじゃない・・・そういうことって。」
‟え?・・・なんでいつもそんな上から目線なんだよ・・”
言えない。
「・・・どうすればいいの?」
「うん、色々考えたんだけどね
・・・・中野君に恋人(彼女)を紹介してあげるという形で、私の名前を出して欲しいの」
‟は?・・・なに言ってるんだよ!・・・意味わかんない・・・”
言えないから、言わない。  だけど ムカついていた。
それでも黙って教子の説明を、笑みさえ浮かべて聞いていた。
頼み事は必ず聞いてもらえると思っている教子であり、
頼まれたら断る事のできない今日子だった。
また今日も、イイヨウニ使われる自分が惨めで情けなかった。
いつの間にか3人残っていた男子も 居なくなっていた。
教子から開放され一人になった教室でしばらく涙があふれて止まらなかった。
それでも、カバンに教科書を入れながら
‟帰ったら、彰のところに行かなくちゃ・・・”
そう思って席を立ち上がった。

だけどその日が、今日子の人生が決まる大切な日になることを、
                            そのとき今日子自信も知らなかった。


[PR]
by yaya_22 | 2008-04-09 11:13 | Novel story(作り話)

裕子


カチカチカチ・・・
パソコンのキーボードにあたる 爪の音が嫌い。
夜、爪を切ると 親の死目にあえない。って 誰かに聞いたことがある。
少しだけ思って戸惑う指先に
“フッ・・”
ため息交じりの笑いを一息ついて爪を切る。
“・・・そういえば・・・明日は1日中打ち込みだから”
・・・パチン、パチン・・・
  ・・・パチン・・・パチン・・・
                                   って 足かよ!




裕子 6年生冬

キーンコーンカーンコーン、、、昼休み終了のベル。

ボーッとしながら、クラスのみんなが教室に戻るのを待っていた。
クラスで一番のやんちゃな男の子が教室のドアを大きく開けた。
裕子の姿を一瞬確認したけれど そのまま無視して自分の席についた。
バタバタと大きな音を立て、引き出しから午後に使う教科書を出している。
そんな彼の姿を何も言わずに、視界で確認していた。
次から次にクラスメイトたちが教室に戻ってくると、
各自ザワザワ、担任が教室に来るまでの時間を過ごしている。
遠い目で、それを空気で確認していた。
一人ぼっちだった、
ここ数ヶ月学校で話をした記憶がない。
いつも無視されて、いつも仲間はずれにされていた。
・・・ガラガラガラ・・・
担任が教室のドアを開けると同時に、委員長が声をかける。
「きりーつ! 礼!・・・・ちゃくせーき」
国語の授業が始まった。
3階教室の窓際から見える景色を悲しく眺めながら思った。
いつからだろう? なんで無視されるようになったのだろう?
こんな風になる前は、休み時間になると校庭に飛び出し、
ブランコやウンテイで遊んでいた普通の女子である。
考えられる理由に裕子は心当たりがあった。
教子は勝気な子だった。いつも何人かの、大人しい女子を連れて遊んでいる。
トイレに行くのにも教室の移動でもいつも誰かと一緒だった。
何故か、女子の間で、教子の意見は絶対だった。
だからと言って教子がすごく暴力的であったわけでも、威圧的であったわけでもない。
ただ、勝気でおてんばな女の子の意見は、いつでも正しかったのである。
そんな教子に唯一意見したのは、裕子だけだったのかもしれない。
ある日、ブランコの順番で、教子と少しだけ対立した。
「のりこの順番じゃないよ・・・・・きょうこだよ・・? 」
たった一言だった。
気が付けば出ていた一言。放っておけばよかったのかも知れない。
次の日から、クラスメイト達ちに無視されはじめた。
笑っちゃうのが、その今日子にさえも・・・。
今日子は、大人しく自己主張の少ない女の子だった。
その今日子が毎休み時間に並んで待ったブランコの順番に、教子の
「あっ・・・いいよね~」(ブランコ順番替ってね)
そんなたった一言で替って貰えると思っている教子の行動が、今日子はどうでも
裕子は見ていて納得がいかなかったのだ。
今日子の顔を見ると苦虫噛みつぶしたようで、そして今にも泣きそうだったから・・・。

だけど、結局裕子が一人ぼっちになった。
イジメってきっとこんなつまらないきっかけで始まるものなのだろう。
裕子たちの住む地域は、近隣の小学校が何校か集まって一つの中学に通うようになる。
そんなイジメが始った冬、もう少しすると、卒業を迎える季節。
その頃の裕子の心の口癖は、“早く 中学生になりたい・・・” 
心の口癖と、願いを込めて毎夜眠った6年生3学期。
それでもたった一度だけ母親に言ったことがある。
「学校、行きたくないなあ~・・・」
その裕子の言葉を母親は無視してくれたのである。
心配かけないこと、されないことでまた今日も頑張れた。

初めて聞く娘の拒否に母は気づいていた。
様子が変ってもう随分になることも、、、
本当に心が折れそうな時を接するに親として自信があったから
母はあえて聞かない選択をした。
毎朝、
「行ってきます!」
笑顔で家を出る娘を、 “頑張んなさいね・・・”
そっと心の言葉を添えて見送った。
裕子もまた、勝気な女の子であったのだろう。

“卒業したら、あなた達より素敵な友達を絶対沢山つくってやるっ!”


[PR]
by yaya_22 | 2008-04-07 01:01 | Novel story(作り話)