日々の食生活丸見えです^^


by yaya_22

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Profile
Diary(暮し)
Kitchen(お食事)
Lunch Box(お弁当)
Dogs(Sora Mame)
Lodgers(同居人)
Touring(バイク)
Cinema(映画・ドラマ)
Natural beauty(自然)
Reminisce(思い出)
Heart(想い)
Novel story(作り話)

お気に入りブログ

琵琶湖から-3
OKANの素
ブログ スローライフで歩こう
自分遺産
えいじのフォト徒然日記
Anna's lovel...
迷わず並べよ 食べればわ...
ミステリな日常
バイクと温泉ソムリエのむらさん
BIBLIOPHILE
サボテンライダーのNEWブログ
思い出のライダーズ・ハイ
ふたりのじかん。
王様の耳はロバの耳
olive-olive
Sono sempre ...
Azumi'sDiary
Slo-Mo Life ...
モーターサイクルとオープ...
バイクで行く旅。
花  PIT-INN
60年後のロミオとジュリエット
犬と暮らす日々・・・ときどき猫
Slo-Mo Life ...
ツジメシ。プロダクトデザ...
バイクで行く旅。2
~毎日がおさしん日和~ ...

最新のトラックバック

韓国旅行の魅力
from 韓国旅行の魅力
銀だら味噌漬 磯田
from 銀だら味噌漬 磯田
コチュジャンの誘惑 鉄..
from 60年後のロミオとジュリエット
地中海 パエリア
from 60年後のロミオとジュリエット
ドカ盛り ビビンハ..
from 60年後のロミオとジュリエット

ブログパーツ

タグ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

チュー食


初めて「インド料理」のお店に行きました。
でも、初めて食べる味では・・・無かったです(笑)
だけど、こんなに大きな「ナン」を食べたのは初めてです。
(しかも 食べきりました(笑))
f0090964_821220.jpg

おいしかったですよ^^。
ナン・・・パリパリとしてて 熱くて・・・ いい食感でした。
(こんなのがお家で焼けたらいいのになあ~・・・)
f0090964_8233100.jpg

ほうれん草のカレー(辛口)です。


f0090964_825417.jpg

それと、日替わりなるセットメニューも一緒にオーダーしました。
セットの方のカレーは ポークミンチ(普通辛)でした。

そのほか、タンドリーチキン&タンドリーフィッシュ&サラダ
・・・クラムチャウダー&なんだかわけわからないチーズ入りもちパンみたいな??・・
香辛料たっぷりのお料理を・・・

実はこのタンドリー達は あまり美味しいとは思いませんでした。
(漢方薬の匂いがしました(私には・・・笑))
・・チャウダーは このお料理には少し濃かったかも?です。(私には・・・笑)・・
当然ご飯とナンの選択があったのですが あまりにも店内が
「インドインド」してたので(実際インドに行ったこと無いんだけど・・w)
もしかしたら ご飯も手で食べなきゃいけないのかも? なんて
つまらない想像が走り ナンにしました・・・ふっとテーブルの上を見ると
ちゃんとナイフ・フォーク・スプーンがしっかり 置いてありました。^^
(ってか 「ナン」が食べたかったしね~(^^)v)
「香辛料が多いのはきっと 暑い国だから?なのかもね~?・・・」
なんて(根拠のない理由を同行者と話しながら・・)楽しい昼食でした。




その後・・・映画を観ました。
その日の映画は。「ディパーテッド」

「ビリー」という警察官(レオナルド・ディカプリオ)と「コリン」という警察官(マット・デーモン)。
マフィアに潜入する警察官「ビリー」と警察に潜入するマフィアの一員「コリン」。
マフィアの親分さん(ジャック・ニコルソン)の名前は「コステロ」・・・。
警察とマフィア双方が送り込んだスパイ同士の
駆け引きと対決を描いているの・・・かな? でしょうね~w
これだけのキャストなのだから仕方ないのかもしれないですが
主役二人の心情を感じ取ることが出来ませんでした・・・
(やっぱり仕方無いのかもしれないよなあ~)
それにしても 「ジャック・ニコルソン」は存在感ありました~。
あの方はあの顔芸?だけですばらしく存在感があります。
(やや狂気に満ちた演技がお似合いになる・・ハマる)
だけど・・・多分、あの映画にあのキャラは必要だったのかなあ~?とも思いました。
(二人(マット・デーモンとディカプリオ)を思いっきり食ってしまってた。)
時間的にギリギリだったのか?それとも詰込みすぎたのか?
エレベーターのシーンでは
「おい!それかよ!」「それで〆か~?」「そりゃ反則だー!」って突っ込んでしまいました。
だからホントの最後のシーンは 
「そりゃ そうするしかないだろ?!」って。
(二人の主役が 大きすぎますからね・・・平等に。。平等に。。)
個人的に思うのは
出来るなら ・・・
主役二人の苦悩や心情をしっかりと描いて欲しかったな~って
もっと胸(内臓)掴まれるような 想いを味わいたかったです。
(「死」というイメージが例えばあるんだとしたら・・・)
単に私の心のヒダが少ないだけかもしれません・・・(m_m)
この映画沢山のネズミが出てきます。
多分最後のあの人も結局ネズミだったんだろうな? 
(って思うのは私だけ・・かなあ~。)


さて 点数は 60点。

二時間半は長く感じませんでしたが なんだか
あれは一体なんの意味があったのかな? とか
え? これは一体ど~いうこと? とか
ちょっとまとまりが無かったかな~・・・って思いが残りました。

香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクらしいですが そっちの方を見てみたくなりました。
「イルマーレ」がそうだったように(あれは韓国映画でしたが)
きっとその方が楽しめる作品かな? ってそう思いました。
(オスカーは難しいかも・・・・)←生意気なことを言ってます・・ゴメンナサイw


また今度 レンタルで「インファナル・アフェア」を探してこようと思ってます。
[PR]
by yaya_22 | 2007-02-07 01:25 | Cinema(映画・ドラマ)